株式会社アズ・コンストラクション:milkuchenミルクーヘン:暮しづくり:いっしょにつくりましょう!:住宅:大分:一級建築士事務所 : コラム

<前の5件     次の5件>

様々な趣きに。

どうしてもかわいいイメージが
先行するmilkuchenですが(笑)、
外観の特徴である漆喰と瓦の組み合せは
西洋・和を問わず、伝統あるお城や建物で
古くから使用されている素材です。

なのでmilkuchenも、ちょっとしたアレンジで
和風にも洋風にも、折衷的な雰囲気にも。

「milkuchenは、かわいすぎてちょっと…。」と
先入観をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
たくさんの施工事例(完成案内)から
ぜひともお気に入りを見つけてほしいです。

案外カッコいい感じも得意だったりします。(笑)


次の大分市寒田モデルハウスも、
他にないmilkuchenらしい個性ある姿を
お披露目できそうです。







2022.06.02 和洋折衷mlkuchen 二宮

















確かに垂直過ぎました。

足場も外れ、OPENへ向けての準備が着々と進む
大分市寒田モデルハウス.15thの真横で朝から上棟。

グッドスマイルな森ア棟梁チームと合沢課長が、
五月終りの空の下、早朝から作業にかかります。

30℃に迫る夏日の予報でしたが、
雲がほどよい具合に日差しを遮ってくれ、
順調に夕方前には大きな姿を現したおうち。

ご家族四人お揃いで、上棟式が始まります。

上棟の儀、そして四隅のお清めへ。
minamiちゃんとkoutaくんもお手伝い。
可愛い姿に森ア棟梁チームもほっこりな様子。

続きまして、四隅のお餅まき。
ご主人さんが上手にキャッチし、
続いての奥様の番では
何故か一段と高く上る森ア棟梁。

「垂直過ぎない!!!?」と思わず叫ぶ奥様(笑)。
でしたが、その後、気合の声と共に
お見事、気迫のキャッチ!

さすがにminamiちゃんに代わると
ほどよい高さからの森ア棟梁。

koutaくんも、1回練習をして(笑)
そのあとギリギリセーフのキャッチできました。

達筆なminamiちゃんと車大好きkoutaくん。
記念に柱へ想いとかわいい絵をたくさん刻んで、
大好き上田のオジチャンに身長も刻んでもらいました。

これからのおうちづくりへの期待が
いっそう高まる時期ですが、ひとつずつ
ご家族の想い出を大切に積み重ねながら
一緒に作っていきましょう。





2022.05.28 垂直過ぎたmilkuchen 二宮






庭があれば実が成る。

写真⇒では判りにくいんですが、
うちの庭の檸檬の木に実が成っている様子です。

去年は花を咲かせすぎて、
小さな実が1つできただけでしたが
今年の収穫はとても期待できそうです。

ブルーベリーも同じく
去年は凶作でしたが、今年は実ってます。

生命力の強いのはミントです。
何もしなくても辺り一面
覆いつくそうと繁殖していきます。(笑)


「庭」のある生活は、
季節の移ろいを日々楽しむ良さを
より身近に感じることができます。

特にmilkuchenの暮らしには、ガーデニングや
ちょっとした果物・野菜を育てる暮らしが絵になりますし、
また、葉や枝の揺らぎ・新緑の眩さが
窓のフレームに切り取られれば、
おうちの中も一層ゆとりの空間が広がります。

自然や草木を通して、知ること・学ぶことは
こどもたちにとっても身近ながら貴重な教育です。

草むしりや害虫対策など、
手間のかかることももちろんありますが、
手間を惜しまなければこそ得ることの出来ない
体感・体験もまた庭のある「家」の魅力のひとつです。





2022.05.27 milkuchenの庭 二宮


早めの準備にいかがでしょうか。

milkuchenオーナー様でもある
masuyaworksさんが、
昨日からわさだタウン2Fの特設会場
(吹抜エスカレータ前)にて出店中です。

こだわりの手縫いレザークラフトや
自家焙煎のシングルオリジンな珈琲が並んでおります。

なんと珈琲は、希少なゲイシャ種の豆が。

レザークラフトも男前ラインナップですので、
来月の父の日に合せてのプレゼントにも最適です。

オリジナルの逸品もオーダー可能ですので
記念品や贈り物のご相談にもちょうどよいかと。

31日の火曜日までの出店ですのでぜひとも。
milkuchenの暮らしの輪が楽しく広がりますよ。





2022.05.26 オーダーmilkuchen 二宮








真逆の仕上がりに。

6月に見学会予定の別府市新別府のおうちで
漆喰塗り体験が行われました。
(見学会のご予約承り中です!)

完成間近の現場。キッチンや洗面タイル、
リビング扉が奥様の好きなブルーで彩られており
完成への期待も高まる状態です。

さてさて漆喰塗り体験が始まります。

慎重派なご主人さんと大胆な奥さん。
両極端な塗り方で始まりましたが、
仕上がりはなんとご主人さんの男らしい塗り柄と
奥さんの繊細な塗り柄で完成と、
動作とは真逆の仕上がりに。(笑)

初めての体験は予想以上に難しかったようで
「練習しとけばよかった。」とご主人さん。
それでも後半からはコツを掴んできて
無言で集中されていました。
ペース的には大胆に塗っていく奥さんが
7割近くを塗り、どんどんと
ご主人さんのエリアが侵略されていく形でした(笑)

最後は記念に手形をつけて、
ご家族で仕上げた想い出の場所が完成です。

少しずつ新しい暮らしのかたちも
見え始めてきました。





2022.05.23 真逆のmilkuchen 二宮


<前の5件     次の5件>