株式会社アズ・コンストラクション:milkuchenミルクーヘン:暮しづくり:いっしょにつくりましょう!:住宅:大分:一級建築士事務所 : コラム

    次の5件>

ナチュラルなハイセンス。

明日明後日、予約制の完成見学会。

今年1回目ですが、すでに予約は
満員御礼状態です。

West Coast styleな外観のmilkuchen、
ハイセンスなnatural colorのインテリア。

milkuchen鉄板なこだわりレイアウトも
もちろん見逃せません。

ご主人の趣味と奥様の直感が光る仕上がり具合。
ツウ好みなセンスがたくさん。

CONDENSEさんのインテリア。
カリフォルニアのようで湘南のようで
単純なそれではなく、condenseらしい
seaside styleなインテリアが
今回のおうちに濁ることなく浸透しております。

明日明後日のご予約して下さった方々、
是非ともご期待下さい。






2019.01.18 hi-naturalなmilkuchen 二宮














笑顔が眩しい日。

杵築市にて上棟。

快晴ですが寒空の下、
山村棟梁チームとエース宇高選手が
順調に作業していきます。

先日の大分市内での太田棟梁の上棟に
応援で現場入りしていた渋男の
山村棟梁は、その時の進捗具合と
今日のおうちの間取りを比較して、
一人多く応援を入れる段取りの良さ。

その判断が功を奏しすぎて
夕方前には余裕で上棟完了。
一気に大きなおうちが姿を現しました。

朝から仕事を休んでご覧になっていた
ご家族とご両親含むご親族。

図面で見ていた間取りもようやく
現実として判るようになり、
ご主人さんの趣味室も
予想以上の広さだったご様子!

傾く西日以上にみなさんの
嬉しそうな笑顔が眩しいです。

賑やかに大勢で上棟の式、四隅のお清め。
観客の多い中で緊張のお餅キャッチ。
みなさん、最終的にはしっかりキャッチでした。(笑)

記念に柱へ想いも刻んで頂きました。
地鎮祭では高熱だったaikaちゃんも
今日は元気に参加。

想いを刻んだ柱がたくさんになり、
これからのおうちづくり本番へと向けて
より一層気持ちが入ります。

一先ず、無事上棟に安堵。
本日はおめでとうございます。





2019.01.17 西日より眩しいmilkuchen 二宮












1がたくさん並ぶ日。

大分市城南で今年はじめの上棟。

朝からエース宇高選手と仕事人・太田棟梁チーム、
快調なペースです。

ご家族も刻々と象られるその様子に一喜一憂。

曇り空の下でしたが、予定より早い上棟完了。
大工さんたちも余裕の清々しさでした。

上棟の式、四隅のお清め、
お父様・お母様もご参列です。

そして四隅のお餅もみなさんで。
お父様も身を挺してキャッチして下さいました。

1月11日にmilkuchen今年1棟目の上棟。
そしてそのお施主様は一〇様と
偶然にも一が並び、年始から
とても縁起の良い感じで、
想い出に残る上棟式となりました。

記念の一筆書きでも
みなさんの笑顔が眩しいです!
今日の喜びが伝わってきます。

その後は1階から2階まで、
できたてのおうちの中をしっかりと確認。

すべて終わって、さあ帰ろうという
タイミングで大畑ジィジからの
「今会いに行きます」的な
TELコールで暫しのジィジ待ち。

その間にお施主様はご近所挨拶。
ほどよくジィジも到着。

遅れてきたにも拘らず、
ryusei・rukaコンビからの大歓迎。

さすがのジィジ。
日頃の愛情の積み重ねが違いました。

いよいよ本格的に現場最前線スタート。
一つづつ、想い出を重ねながら
ここからも一緒につくっていきましょう。





2019.01.11 1の付く日のmilkuchen 二宮































その距離を越える。

12月に見学会をした別府のおうち、本日お引渡し。

北海道からご家族も無事到着し
ご主人さんは今日初めて完成した
マイホームの姿をご覧になりました。

3年くらい前から具体的に始まっていった
おうちづくりのご計画ですが
距離と国との件もあって、アズに辿り着くまでに
何社かの銀行からは融資を断られていた経緯もあり
先行して土地を購入していたご家族は
少し切迫した気持ちの中、帰省と合わせて
はじめてmilkuchenを訪れました。

そこで出会った上田デカ長からの
「やってみましょう。」という頼もしい返答。
その数日後、融資が何とかなりそうとの早々の電話。
はじめておうちづくりに希望の光が差した瞬間でした。

大分で建てるなら絶対アズでと
遠方から眺めていたHPのおうちづくりが現実のものに。

本来なら楽しく進んでいく要素の多いおうちづくりですが
遠方からの限られた打合せの日と時間。
そしてご主人と私たちの間に入って通訳係を務める奥様。
夫婦間での国の違いからくる生活スタイルの違い。

たくさんの調整を強いられる奥様への重圧は
私たちの想像以上だったようです。

それでも気が付けば、大分在住のお施主様と
同じくらいの回数と時間の打合せを重ね、
加えて、メールと電話での綿密な応答と調整。

「この時しかない。」という真剣さ。
1回の打合せを誰よりも大切と想う気持ち。

正直、楽しむ余裕はなかったという奥様。
真面目な性格もあったのでしょうが、
本当にその真剣さが伝わってきました。

現場最前線に入ってからは、お父様にも
協力をして頂き、エース宇高との現地確認を一任。

やっと終わったおうちづくり。

ようやくここから、新しい暮らしを
のんびりと築いていくことができます。

早くもこだわりの家具・家電のお話を
嬉しそうにされる奥様。

soueiくんも新しいおうちを縦横無尽に走り回り
「お兄ちゃん、お兄ちゃん!」と
エース宇高に新しいおうちの説明を求めます。
この2人の関係もここからが本番。(笑)

長文になりましたが、本当に書ききれないほどの
たくさんの体験を終え、始まる新しい暮らし。

大変だったこともきっと何年か後には
家族みんなで笑える想い出話になっているはずです。

そこにこれからの暮らしづくりの
想い出をひとつずつ積み重ねて、
大切な毎日を今以上大切に家族とともに。
そして、私たちとも。

一緒につくっていきましょう。







2019.01.08 遠くても繋がるmilkuchen 二宮


ゆるやかに2019年。

明けましておめでとうございます。
2019年になりましたね。

今日から弊社も仕事始めとなります。
4日の今日はまだ朝の交通量も少なめでした。

ゆっくりと新年が始まる感じです。

今年も皆様のおうちづくり、暮らしづくりに
寄り添いながら一緒につくらせてください。

今年もよろしくお願いします。





2019.01.04 milkuchenの2019から 二宮


    次の5件>