株式会社アズ・コンストラクション:milkuchenミルクーヘン:暮しづくり:いっしょにつくりましょう!:住宅:大分:一級建築士事務所 : コラム

    次の5件>





グレーがポイント。

明日から2日間、別府市にて
OPEN HOUSEの見学会です。

ちょっぴりとんがった印象の
kurokchenスタイルな外観ですが
玄関ドアを開ければ、明るく
柔らかく、光あふれる空間が拡がります。

土間とキッチンのグレー。
ツウなセレクトショップみたいです。

しかもバリアフリーで
たくさんの人が集えそう。

インテリア担当のはなれ古舎さん、
今日は美人アシスタントを両脇に(笑)、
設営の最終仕上げ。

親しみやすい、はなれ古舎さんの雑貨家具も
いつもよりツウでお高いシロモノに見えます!(笑)

普通の発想では辿り着かない
レイアウトになっていますので
何かと参考になるかと思います。

はなれ古舎さんの雑貨家具も
その場でお買い求め可能ですので
お気軽にご来場の上、お声がけ下さい。





2018.09.22 ツウな感じのmilkuchen 二宮











無言になりながらも。

別府市山の手町のおうちのお施主様、
本社にて家具づくりでした。

お子さん達を預けて
ご夫婦で集中して作業に挑みます!

何故か今日は大畑ジィジが大張り切り。
ビスの位置の指示からヤスリ掛けの手ほどきまで、
ご夫婦にテキパキとレクチャー。

合沢隊員も出る幕なしです。

組立て作業から始まりましたが、
慣れない工具にご夫婦とも苦戦。

ヤスリ掛けもヒヤヒヤしながら…。
作業を続けていると、
じんわりとくる工具の重み。

さらに塗装の頃には、
立ちっぱなしの姿勢に限界を感じ…
途中から無言の作業風景。

こちらの都合で午後から始まった家具づくり。
いつもならお昼休憩を挟みますが
今日は午後から夕方まで連続しての作業。

ようやくの完成で疲れ果てたところに
気合を入れ直して頂いて、焼き印作業。
練習では一発納得のご主人さんと、
何度も練習する奥さんの対照的な姿。

結果はどちらも納得の出来栄え!
しっかりと二つのテーブルに焼き印が押されました。

(なぜテーブルが二つなのかは
是非とも見学会に来て、確かめてみてください!)

一先ず、おつかれさまでした。





2018.09.17 疲れ果ててもmilkuchen 二宮








3世代。

朝、車が少ないと思ったら…
今日は敬老の日。祝日でした。

さてそんな朝一番、大分市畑中にて地鎮祭。
ご主人のご実家の広い土地の一部に新築です。

お父様もご主人も社長・羽田野、溝口マネと元同僚。
おまけにご実家新築を担当したのは社長・羽田野。

このまま引き続き現場監督した方がよいのでは。
と思えますが、ここは合沢隊員が担当です。

母屋も傍にありますので、始めは
そこまでのこだわりもないような印象でしたが
勤勉なご夫婦、見学会も欠かさずお越し下さって
毎回何かを学んで帰られ、いつの間にか図面も賑やかに。

そして、いよいよ着工。
お母様の大事な庭木もよけて頂いて、
こだわりの母屋の景観を損なわないようにも
考えてこられたご夫婦。

親子3世代の近い距離での同居。
家族の単位がどんどん小さくなっていく現代で
とても有意義な暮らしのカタチです。

みなさんにとってよい暮らしが始まるように
ここからしっかりとつくっていきましょう。






2018.09.17 3世代のmilkuchen 二宮






暮らしの広がり。

今夏にお引渡ししました
日出町大神のお施主様。

おうちの話より車の話のほうが
盛り上がったのではないかというくらい
車やバイクが趣味のご主人さん。

先日のマルシェにも来て下さって
またまた車の話で盛り上がります。

そのお父様もやはり、というか
完全にお父様の血筋のようで
新築祝いに頂いたというものが
なんと、ハンドメイドの木製ジープ。

本物のジープ(三菱)のほうは
生産終了からかなりの月日が経ち
消耗部品の方も製造終了品が増え
ジープ愛好家たち(私)は悲鳴を上げる毎日。

「三菱は自社商品の魅力が全く解っていない。」
とマルシェでは、勝手な話で盛り上がりましたが、
お父様が作られた木製ジープ。
見えないとこまで丁寧に作られており
色はなんと10種の塗見本から選んだという
milkuchenのおうち以上のこだわりっぷり。

ナンバープレートもおうちに住み始めた日と
カタチは違えど、込める家族の想いは
milkuchenのおうちづくりと同じです。

もう少しで外構も仕上がるようで
ご主人さんの暮らしづくりはこれからがピーク。

もちろんお一人ではなく、
ご家族で楽しく、おうちと車のある暮らしを
これから満喫されていくことでしょう。(笑)





2018.09.16 木製milkuchen 二宮










一年で一番良い日に。

大分市王子中町にて地鎮祭。

大畑ジィジ、社長・羽田野、井上隊長と
60代トリオが揃います。

今日もスッキリしない天気が続き、雨の中での式。
「(もはやだれが雨男かなんて関係ないのでは…。)」

そんな事をAT安東が思っていると、
式が終わる頃にはすっかり明るい空が。

井上隊長効果。ホンモノかもしれません。

今日はご夫婦とmitsukiくんの親子三人で式に参加。
ご夫婦で抱っこを交代しながら、工事の安全を祈念します。

この土地が決まる頃に生まれた
mitsukiくんも、もうすぐ1歳。
産まれたての今より小さかった頃が既に懐かしいです。

式の後は本社に戻って、着工前の最終確認会。
ご出産を挟んだり、ご夫婦のお休みが合わなかったりで
打合せの期間が空きながらも、時間を見つけ進めてきた数ヵ月。

ずいぶん前に決めたことも
ここで再確認して…工事に臨みます。

ご夫妻の予定がぴったり合った本日は
1年で1番日柄の良い日だそうです。

縁起の良いスタートから、いよいよ
本格的なおうちづくり最前線が始まります!







2018.09.13 一年で一番のmilkuchen 二宮


    次の5件>