株式会社アズ・コンストラクション:milkuchenミルクーヘン:暮しづくり:いっしょにつくりましょう!:住宅:大分:一級建築士事務所 : コラム

    次の5件>




顔柱。

大分市椿が丘のおうち、
合沢隊員&太田棟梁チームで
先週に建て方を終え、今日が上棟式。

夕方にご家族お揃いで
上棟の式、四隅のお清めと進みます。

相変わらずのtowaくん、
早々に式場から離脱。(笑)
連れ戻されてお清めのお手伝い。

続いて四隅のお餅まき。
ご夫婦、yunaちゃんナイスキャッチ。

問題のtowaくんですが
やるときはやるオトコ。
みんなの心配をよそに
バチン!とキャッチ!

記念の一筆書きでは
towaくんから化粧柱を守るため
溝口マネが人柱になって死守します。

そのtowaくん、たくさんの顔を
左手で書いて顔柱をたくさん作ります。

yunaちゃんは、ひとつの柱に
太田棟梁、みぞ口さん、あいざわさん、
にのみやさんとみんなの似顔絵を
ご家族の似顔絵と一緒に書いてくれました。

1Fの柱が短冊のように
たくさんの願いでいっぱいに。

文字通り家族の願いと
たくさんの顔をのせて
おうちづくりが本格化していきます。






2019.07.18 milkuchenの顔柱 二宮










世代を繋いで。

海の日らしく快晴です。
上田デカ長も誇らしげ。(笑)

日出町にて地鎮祭でした。

おじいちゃんの畑を少し分けてもらって
孫夫婦がご実家の斜め前に新築です。

敷地の分割位置を決める際には
おじいちゃんからのOKをもらうのに
ちょっと境界線を調整したりで
農地から宅地へと地目の変更。

久々の晴れ間におじいちゃん、
畑仕事に精が出ます。
時間を見て着替えに戻り、
ハイカラなシャツで式に参加。

ご夫妻・ご両親・おじいちゃんと
haruちゃんで式に臨みます。

続いた雨で足元が心配でしたが
ぬかるみもなく四方もお清めでき
式も滞りなくお納めできました。

平屋建てでのご計画。
当初の南欧的なイメージは
いつの間にか変わってしまいましたが
奥様のインテリア知識は日毎レベルUP。

巧みな専門用語を使いこなし、(笑)
少し置いていかれるご主人さん…
といった場面もありましたが
順調に打合せも終了。

日出と言えばのエース宇高選手も
登場で、月末頃からついに着工予定。

夏真っ盛りの時期から
本格的におうちづくり最前線が進行します。






2019.07.15 ハイカラシャツでmilkuchen 二宮













ママ、似顔絵うますぎです。

待ち遠しく。

別府市鶴見にて上棟式。

建て方を先日に行い、本日の式。
梅雨に悩まされ、ここしかないというタイミングで
エース宇高とハニカミ紳士な羽田棟梁チームが
一昨日は頑張ってくれました。

エース宇高はその日、国分台での上棟もあり
天然貴公子な知京サンがナイスサポート。
チーム力でこの季節を乗り切ります。

棟が上がって初めて現地を訪れたご主人さん。
一気に形になったおうちに驚き。
そしてとても嬉しそうな表情。

先日は天気も良く
2階からは海までよく見えたそうです。

renくん・naruくんも参加で
上棟の式、四隅のお清め。
renくん勢いよく3つ目の隅で
イリコ全発射。(笑)

四隅のお餅は、ママがrenくんを
サポートで影ながらキャッチ!
続いてnaruくんもパパと挑戦できました。

ようやくカタチになったおうちの姿に
ご家族皆さん、本当に嬉しそう。

「じゃあね。」とパパから
留守番を命じられたrenくんでしたが
さすがにまだそれは早かったようです。

仲良く皆さんで帰路へ。

早くこのおうちに
皆で帰ってきたいですね。







2019.07.14 milkuchen全発射 二宮










梅雨時の想い出。

今週は梅雨に悩まされ、
大分市椿ケ丘と別府市鶴見のおうちも
当初の日にちを延期しての建て方でした。
上棟の式はまた後日です。

そんな中ですが、大分市国分台でも上棟。
エース宇高選手と丹野棟梁チーム、
天候に恵まれ作業もスムーズに進行。

こんなに天気がよいのに
丹野棟梁のカミナリが何も悪い事を
していないパダワン幸に度々落ちます。(笑)

夕方頃、お施主様とご両親様も
お揃いで上棟式開始。

四隅のお餅まきでは
arisuちゃん・rukiくんも参加。
ご夫妻は、無事にお餅をキャッチ。

続いてarisuちゃんは後ろから
おじいちゃんに見守られ、見事キャッチ!

最後はrukiくんの番。
こちらはおばあちゃんが付添います。
お餅を見事キャッチと思いきや、
キャッチをしたのはおばあちゃん。笑
落とすのが心配で、ついつい
条件反射で手が出てしまったようです。

仕上げに今日の記念に家族それぞれ
柱へと想いを書いていきます。
rukiくん、一目散にペンを走らせますが
先走り過ぎて、養生シートを貼った床に一筆。

「そこは書いてもいいけど、すぐ剥がされるよ。」
と、宇高監督さんからの一言。

上棟のイベントも一通り終わり、
ご家族皆様、姿を現したお家の姿に
終始ワクワクされていたご様子。

これからさらに工事が進み、
思い描いたカタチが徐々に実現です。
少しずつ一緒につくっていきましょう。






2019.07.12 梅雨時のmilkuchen 二宮








シンプルに始まる。

大分市曙台のおうちが竣工しました。

stylishなkurokuchenフォルム。
玄関ドアを開けるとクロークの
丸いパステルブルーの扉が清々しいです。

リビングドアを開けると飛び込んでくる
背面キッチンとL型のダイニングカウンターが
OPEN準備中のカフェのように佇んでいます。

よくあるキッチンとダイニングの段差は
小さなお子様と、これからの長い生活での
将来性の観点を考慮して付けておりません。

カウンター沿いに少し壁を立ち上げ、
オープンながらも隠したいところは
隠して魅せるレイアウトになっております。

立地の利点である、春の桜、
そして北側の眺望から見渡せる海を
生活の視点に無理なく落とし込んだ
贅沢かつオシャレで日毎の楽しみのあるおうちです。


去年の3月頃、カフェライフなmilkuchenオーナー様の
ご紹介でモデル.11thに訪れたご夫妻とkoharuちゃん。

他の工務店で停滞していたおうちづくりでの
ご不安を抱えながらの初来場でしたが
お話が進むにつれ、徐々に笑顔の多くなる
ご夫妻がとても印象的でした。

ご希望とご提案がフィットすることが多く
とてもバランスのよい仕上がりになりました。

このシンプルにオシャレな
kurokuchenから始まる日々。

ゆったりとしたカフェのように落ち着く
家族みんなが仲良く集える
暮らしがこれから待っています。

愛着たくさんのこのおうちから
丁寧な毎日の暮らしが始まります!






2019.07.12 milkuchenから笑顔に 二宮


    次の5件>