株式会社アズ・コンストラクション:milkuchenミルクーヘン:暮しづくり:いっしょにつくりましょう!:住宅:大分:一級建築士事務所 : コラム

<前の5件     次の5件>












かやる。

先日お引渡しした日出町のお施主様。
いつもと順番が前後しますが、
今日はご夫婦で家具作り。

とっても寒い本社1Fで行います。

TVボードとテーブル、玄関用ベンチを制作。
朝からエース宇高氏とツンデレ甲斐棟梁が準備中。

ご夫婦と甲斐棟梁。
年代も近いためか、かなり和んだ雰囲気。

しばらく大分を離れていたご夫婦ですから
甲斐棟梁の「かやる。」という丸出しの方言に
思わずほっこり笑みがこぼれます。

そして組立ての方では、電動工具が
かやらないようにがんばって頂きました。

午前中に組立て、午後からヤスリ掛けと色塗り。

ほとんどおうちづくりには
参加できなかったご主人さん。

いきなり体を動かしての家具作りと
ハードル高めでしたが、寒さにも負けず
明日の筋肉痛を予想しながら
合間に暖をとって頂きながら
終日がんばって下さいました。

奥様はこだわって自らリクエストした
テーブルを板張りっぽく見せる
溝のラインに色塗りで苦しめられます。

上田デカ長から小筆を渡され、
溝をすべて塗っていきます。

言うは易く行うは難し。

少しは職人さんの大変さも
感じて頂けたでしょうか(笑)

今日はこの後も暮らしづくりの
延長でお買い物に。

寒さと労働で今日はお疲れだと思います。
ゆっくりと新居で疲れを癒してください。






2018.02.11 かやらないmilkuchen 二宮


長い間の夢の日々。

日出町川崎のおうち、本日お引渡し。
実質2年に近いお打合せを重ねた
本格的なご計画でしたが、
上田デカ長との出会いは遥か10年くらい前。

その時からの再会で。と、
お互いに感慨深いスタートだったようです。

初めてのプランのお打合せでは
当時の住まいであった東京まで。
帰りの飛行機ギリギリの時間になるまで
お家に対する溢れる想いを語って頂きました。

それから何度か東京へも足を運び、
奥様だけですがようやく
大分へ帰ってきてからの本打合せ。

10年近く思い描いてきたマイホームだからこそ
具体的にひとつのものを選んでいく作業は
心から悩むことばかりだったのではないでしょうか。

部分的なことであれば
二転三転することは当然のようなペースで
少しずつ進んでいったおうちづくり。

あまりに二転三転すると
ブレたおうちづくりになることも多いのですが
そこはやはり長年の夢の実現という
壮大なスケールがあったからこそ
辿り着いたおうちのかたちは、
そうなることが決まっていたかのように整然と。

ようやく辿り着いた夢の舞台。
実現することが日課の毎日が終わり
奥様がおうちづくりロスにならないか
少しばかり心配ですが
ここからの暮らしづくりこそが本番。

今までがんばってこられて来た分
ゆっくりのんびりと、
家族の時間を満喫できる毎日を。

ご夫婦でまた、1から
楽しみながら作り上げて下さい。








2018.02.09 長年のmilkuchen 二宮












吹雪く中での。

先日は日出町川崎にて見学会。
今日は日出町大神にて地鎮祭。
日出町のアズ率、急上昇中です。

(そしていつの間にか日出担当のエース宇高氏。)

午後を過ぎる頃から雪が降り始め、
気温もぐっと下がります。
現地は海に近いために風も強く
心身ともに引き締まる思いです。

とっても寒い中、ご家族も到着で
地鎮祭が執り行われました。

大畑ジィジの気遣いテントカバーで
テント内はだいぶ寒さもやわらぎましたが
sakiちゃんにとっては、
初めて体感する寒さなのではないでしょうか。
お母さんに抱かれながらも泣き続けております。

まだ小さいお子さんたちには
過酷な今日の気候ですが
これからの工事の無事とご家族の幸せのため
我慢して頂いて…。

rikuくんも寒さの中、よくがんばりました。

大分市緑が丘のmilkuchenオーナー様からの
絶大なご支持のもと、ご紹介いただき
始まったおうちづくりのご計画。

当初ご主人さんは家を建てることに
あまり乗り気ではなかったという
お話らしかったそうですが
いつの間にか奥様以上に真剣に!

お打合せで垣間見えるご主人の
理知的かつ迅速な判断力と決断力!
そこに奥様のご主人への信頼と
TOTOへの恨み(笑)も窺えました。

という感じでお打合せも最速で終了し、
準備万端で来月からいよいよ着工。

吹雪きの中での地鎮祭。
本当に寒かったですが、その分強く
想い出に刻まれたのではないでしょうか。


とはいえ、
今日は暖かくしてお休みください。







2018.02.06 吹雪くmilkuchen 二宮




長い歳月を経て。

日出町の見学会、2日間に渡り
たくさんの方のご予約・お問合せ
そしてご来場、誠にありがとうございました。

悠々と構えるプロポーションの外観。
玄関ドアを開ければ、
組子入りの出窓がある玄関ホールがお出迎え。

デザインの効いたガラス窓やアーチやランプに
目を奪われながら進んで辿り着くLDK。

背面キッチンとダイニング、リビングが
とてもゆったりと繋がっています。
大きく緩やかなアーチの下のリビング階段。

8帖で設えられた和室も堂々としています。
定年後の暮らしを見据えた水回りスペース。
などなど、このカタチに辿り着くのには
相当の年月が必要であっただろうことは
容易に想像ができます。

新築だけど懐かしいような
ゆったりと流れる空気の演出に
一役買って下さったのは
CONDENSEさんでした。

この時期に嬉しいガスの床暖房も
羨ましかったですね。

ここから始まるこれからの暮らし。
ずっと夢に描いてきたけれど
いざ近づいてみれは案外
実感が湧かないものです。

それでも着実に新しい暮らしは
もうすぐそこにあります。






2018.02.04 milkuchenの実感 二宮


ほどよく。

本日見学会にお越し下さった方、
まことにありがとうございました。

落ち着き目の色合いや
かわいすぎずほどよい
アクセントのバランス。

ちょっとしたところに
お施主様のこだわりや想いが感じられます。

明日までの見学会ですが
明日お越し下さる方もどうぞお楽しみに。




2018.02.03 ほどよくmilkuchen 二宮


<前の5件     次の5件>