株式会社アズ・コンストラクション:milkuchenミルクーヘン:暮しづくり:いっしょにつくりましょう!:住宅:大分:一級建築士事務所 : コラム

    次の5件>









真夏の想い出へと。

大分市ふじが丘にて上棟式。

エース宇選手とカミナリ丹野棟梁チームが
時折、激しい夏雨に打たれながらも
先週の土曜日に建方作業は無事完了。

土曜日も暑かったですが、
本日の上棟式も暑い日となりました。

建方作業直後の上棟時はいつも不在である
大工女子シノブさんも今日は登場です。

ご夫妻と生まれたばかりのkotoちゃんの三人での上棟式。
(三人という響きに幸せを感じますね。)

四方のお清めの作法までしっかり確認しながら
完璧な上棟式を目指される奥様。

生まれたばかりのkotoちゃんは
ご主人が抱っこ紐で前抱っこの最厳重ガード。

四方のお餅キャッチでは、
首が座ってないkotoちゃんの首を抱えたまま、
片手キャッチを二回も成功!と、早くも父の貫禄。(笑)

しかし、締めの柱への一筆書きでは、
ご主人の一筆に「現実的やね。」と奥様。

ですが、その奥様の一筆も同じく現実的だ…。
と心で呟く溝口マネでした。(笑)

サッシも早々に付いて一段とお家らしくなった現場最前線に
「もう住めますよ。」と丹野棟梁からも冗談が。(笑)

その位置を確認しながら、大きな窓に喜ぶご夫妻。

そして、「きっとこのお家はいいお家になるわ。」
と噛みしめるように言葉を残し、おうちを後にする奥様でした。

建方の日も今日の上棟式もとても暑い日でしたが
きっとその暑さと一緒に、記憶に残る
三人の想い出になったのではないでしょうか。

ここからももちろん、
たくさんの想い出と一緒につくっていきましょう。





2022.08.10 真夏のmilkuchen 二宮








雨も降らずにおめでたく。

本日速見郡日出町にて上棟。
朝から合沢課長とグッドスマイルな森ア棟梁チーム、
順調に作業へとかかります。

大分や別府は夕方、大雨でしたが、
日出町では終始雨が降らず。
どちらかというと、終日曇り状態で
カンカン照りより動きやすかったようでした。
森ア棟梁も雨雲レーダーで逐一天気を確認。
夕方降りそうな気配にピッチを上げての作業。

上棟式が終わる頃には曇り空から
晴れ間が広がり、暑くなりました。

上棟式では、takaraちゃんも一緒に四隅のお清め。
イリコ担当だったので、撒きながらこぼす…。
三宝を抱えては体が斜めになるのでこぼれる…。
という可愛い姿。(笑)

四隅のお餅キャッチでは、ご主人さん・奥様ともに
専務・上田デカ長にプレッシャーをかけられながらも
見事にキャッチ。
(友達だからかプレッシャーの与え方が強めw)

takaraちゃんは塀に登ったパパに抱えられる一方で、
森ア棟梁もかなり近い位置まで降りてきてくれたので、
ほぼ手渡し状態で、無事にキャッチできました。

記念の一筆入魂は、お絵かきタイムのようになりました。

奥様、絵が上手い!

ご主人さんは奥様、娘さんへのメッセージを
大きな文字で書いていました。

その後は合沢課長とも確認打合せを行いながら、
しばしの歓談タイムを経て、おめでたい1日が終了。

いよいよ本格的に始まったおうちづくり最前線。
まだまだここからが本番です。





2022.08.05 おめでたいmilkuchenの日 二宮




日々見つめ直しながら。

先日見学会を行った大分市千歳の家、
本日お引渡しを迎えました。

大分市ふじが丘の
Natural West Coastなmilkuchenのオーナー様から
ご紹介いただき、2年ほど前から溝口マネとの
おうちづくりの計画が始まりました。

資金の計画や理想の土地探しで、
二転三転しながらも一歩ずつ進み、
一度は諦めたこの土地に
再び巡り逢うという道のりを経て、
去年の10月頃から本格的に始まった図面打合せ。

当初は1Fに和室のあるプランでしたが、
ご家族の暮らしと本当に必要なものを見つめ直し、
和室スペースは玄関前の手洗い空間と
ファミリークローゼットにカタチを変えていきました。

詳細設計に入ったタイミングで
2Fにトイレが増えたりと、一見スムーズなようで、
悩みながらひたむきにおうちづくりしていったご夫妻。

その努力が報われたことを
今日のお二人の笑顔が物語っているようでした。

まだまだご自身たちの家という
実感が湧かないご様子のご夫妻でしたが
この場所から広がる新しい暮らしの輪。

エース宇高選手ともすっかり打ち解けているようなので、
これからもアフターサービスをはじめ、
暮らしの中で、お困り事が発生した際は
遠慮なくお声がけください。

帰りたくなる落ち着く暮らしとなるよう、
これからも一緒につくっていきましょう。





2022.07.29 見つめ直してmilkuchenへ 二宮















長い片想いを経て。

由布市挾間町にて地鎮祭でした。

30℃超える夏空の下でしたが、
時折爽やかな風が通る穏やかな敷地です。

エナジー男子な小寺君司会の中、
ご家族とお隣にお住いの奥様のお母様、
そしてご主人のご両親様にも参列いただき
賑やかな式となりました。

akitoくんも要所で式に参加。
鎌入れも鍬入れもお手伝い!

mioriちゃんもお母さんと一緒に
玉串奉奠できました。

鍬入れでは、おうちづくりにかける
奥様の想いが強く表れたのか
勢いよく盛砂に…!!!

その想いのもとを辿れば、
milkuchenとの出逢いはなんと6・7年前の
大分市賀来のモデルハウス8th、9thあたりから。

そこでの専務・上田デカ長との出逢いから
milkuchenへの片想い(※ご主人談)が始まり、
ようやく両想いになることができたとのこと。

地鎮祭も滞りなくお納めすることができ、
いよいよ着工も目前。

AT安東との設計図書の最終確認会を次週に控え、
エース宇高選手もついに登場。

いよいよ現場最前線が始まります。
ここからもじっくりと一緒につくっていきましょう!





2022.07.28 両想いのmilkuchen 二宮







ようやく始まる暮らしを前に。

大分市光吉のモデルハウス.14th、
先週はオーナー様のご入居準備期間で
後平隊員が最終調整。

そして、ついに迎えたお引渡しの日。
時折笑顔で見つめ合う、ご夫妻の姿が印象的でした。

去年の夏に公開から間もなくして契約が決まり、
約一年近くお待ちいただくこととなりました。
もちろん注文住宅でも完成までに
一年近くかかることも多いですが、
もう完成しているmy homeを目の前にしての
一年弱は待ち遠しくてたまらなかったはずです。

敷戸北町でたまたま他の大手メーカーさんの家を
見に来れられたご主人さんと西田Cがお会いしたのが
アズとの出逢い。

DIYが好きだったり、大分市ふじが丘の
Nostalgic West Coastなmilkuchenのオーナー様との
交友関係などもあったりで、
milkuchenでの建築を目指しながら土地探しの日々。

そこに現れた光吉のモデルハウスが
色々な条件が叶うものだったため、
ここでの暮らしを始めることを選ばれたそうです。

今日のお引渡しでは、
このモデルハウスに籠めた私たちの想いを
引き継いでいただいたり、
ご主人から奥様へのサプライズ追加工事もあったり。

ようやく新しい暮らしに向けて始まっていきます。

本当に大変お待たせいたしましたが、
ここから始まる暮らし。

末永く、一緒につくっていきましょう。






2022.07.27 嫁ぐmilkuchen.14th 二宮



    次の5件>