株式会社アズ・コンストラクション:milkuchenミルクーヘン:暮しづくり:いっしょにつくりましょう!:住宅:大分:一級建築士事務所 : コラム

<前の5件     次の5件>

心の弾むおうちです。

本日見学会にお越し下さった方、
誠にありがとうございました。

天気が優れませんでしたが、
ここから見える景色に
心弾むのが、一目でわかる
海の似合うおうちです。

明日も少しだけ空きがありますので、
予約がまだな方はぜひともお電話ください。

オーシャンビューだけではなく
たくさんの造り込みが
必ずおうちづくりのヒントと
アイデアを与えてくれるはずです。





2021.02.13 一目でわかるmilkuchen 二宮






気持ちの良い景色です。

明日明後日は、速見郡日出町にて
予約制完成見学会を行います。

海が一望できる高台の
West Coast style milkuchen。
見晴らしの良い現地に来るだけでも
気持ちの良いオーシャンビューを
眺めることができます。

今回も各時間帯に3組様までのご案内です。
早くも空きの時間も少なくなっておりますので、
見学予定の方はお早めにご連絡を。

細かなとこまで、真剣にお打合せを重ね、
実現された暮らしの夢とこだわりを
どうぞお楽しみください。

CONDENSEさんのインテリアも
前回とはガラッと変わって
海の見える今回のおうちに寄り添っています。

見学会のあとはCONDENSEさんの
お店にも是非とも足を運ばれて下さい。

掘り出し物の逸品に巡り逢えるかもしれません!





2021.02.12 オーシャンビューなmilkuchen 二宮














ピアノみたいなTV台。

大分市皆春のお施主様、
先日のしっくい塗り体験に続き
本社にて家具作り体験でした。

ご主人さんはお父さんの日曜大工を
よく手伝っていたということで
慣れた手つきで工具を扱っていきます。

お兄ちゃんのruiくんも興味津々でお手伝い。
工具がお気に召したようですが、
その扱いは大胆で周囲の大人たちは
ちょっとハラハラでした。

楽しそうな様子を見て、
「私もしたい!」とirohaちゃん。
工具はまだハードルが高いので、
ボンド塗りをしてみましたが、
それだけだと物足りなかったようです。
最終的には、ママと一緒に見学隊。

組立て途中、こちらの誤算でテレビ台が
4p小さくなってしまったのですが
暖かく見守ってくれたご夫婦。

ピアノのようなオンリーワンなカタチの
テレビ台が無事に出来上がりました。

締めの焼印は、薄くなってしまったので
合沢隊員秘儀の「重ね合わせ」の技で再印。
こちらも無事にうまくいきました。

ruiくんがボンドでドラえもんを書いたりなど
終始楽しい雰囲気で家具作りも終了。

おうちの工事もほぼ完成状態で
あとはお引渡しを待つばかりとなりました。

もう少ししたら、待ちに待った
新しい暮らしが始まりますね。





2021.02.07 重ね合わせてmilkuchen 二宮







せっかく楽しかったのに。

大分市坂ノ市にて地鎮祭でした。

春のような陽気の中での地鎮祭。
奥さんとお子さんのリンクコーデも
心なしか春めいていました。

溝口マネ司会進行のもと、
hinaちゃんとkannaちゃん姉妹も
四方の祓いに仲良くお手てを繋いで参加。
神主様に促されて、パパとママのお手伝いを
一緒にしてみたら楽しかった模様。

鎌入れ・鍬入れの儀式では、
パパよりも先に盛り砂に前進!!

楽しいムードで進む地鎮祭でしたがその後、
鍬入れの儀を行う社長・二宮の掛け声に驚き
後退ることとなるkannaちゃんでした。w

(びっくりさせてしまったようなので、
ちゃんとごめんなさいはしました。)

式が終わると午後からはAT安東と本社にて着工前の確認会。
とはいえ、今日最終決定する項目もたくさんありましたが、
悩んでいたアレコレが決まって心持ちスッキリな奥さん。

さっそく来週からは井上隊長指揮の下、
待ちに待ったおうちづくり最前線がスタートします。







2021.02.06 後退りするmilkuchen 二宮

















笑顔で制作。

もうすぐ完成予定の大分市羽田のおうち。

milkuchenのベーシックな性能をさらに
ハイスペックなこだわりで数値化したりと、
通常でもそこそこな仕様をさらに向上させ、
見える化した、今時な高性能住宅の側面を持つ
特別仕様なFLAT milkuchenです。

もちろん、最も肝心な
「いっしょにつくりましょう」は
忘れることなく…ということで
お施主様、本社で家具作り体験です。

エース宇選手とグッドスマイルな森ア棟梁が
下準備をしてお出迎え。
今日はご夫妻とirohaちゃんでの参加。

意外や電動工具を始めて触るという
これまでの家づくりの経緯からは
およそ考えられないご主人さんの発言に
宇高選手、驚愕しながら(笑)のスタート。

3人で仲良く力を合せて、組立てから
ヤスリ掛け、そして塗装まで行っていきます。

以前奥様の誘いで陶芸教室に夫婦で通った時には
奥様よりご主人さんのほうが集中してしまい
終わりが見えなかった。と伺っておりましたので(笑)
ヤスリ掛けではどうなることやらと
スタッフは内心身構えておりましたが
「終わりがない作業ですね。」との言葉はあったものの
ほどよいヤスリ加減で無事、塗装作業へと移行できましたw。

残すは記念の焼印となりましたが、
ぶっつけ本番の作業に
3人とも手を上げません。(笑)

どうぞどうぞ。と腰の引けたご主人さんに
焼印のバトンは渡りましたが、
一旦引き受けたら漢をみせるご主人さん。

3本連続成功と、家族からは拍手喝采。
ご主人さんもプレッシャーから解放され、
笑顔で家具作りは終了。

長いおうちづくりも
少しずつ、終わりが見えてきました。






2021.02.06 肝心なのはmilkuchen 二宮



<前の5件     次の5件>