株式会社アズ・コンストラクション:milkuchenミルクーヘン:暮しづくり:いっしょにつくりましょう!:住宅:大分:一級建築士事務所 : コラム

<前の5件     次の5件>

悠々自適な暮らし。

大分市森のおうち、
クリスマスのお引渡しでした。

明るい洋瓦にまっ白な壁のFLAT milkuchenが
大通り沿いにかわいらしく建っています。

いたるところに本棚と飾用の壁があり
趣味に囲まれた時間を満喫できるおうち。

細かく区切られながらもひとつながりな空間は、
どこにいてもワンルームのような暮らしができます。
サニタリーエリアからクローゼット、
ベッドスペースへとつながる便利動線も見どころ。

中2階的なワークスペースは、
団らん・趣味エリアと分かれることで
集中しながらもリラックスできる場所。

さらにその下は趣味を満喫する書庫スペースと
ネコちゃん用スペース。
UFOにさらわれるネコちゃんのステンドや
お施主様が用意されたクロスや照明も
かわいさ抜群でした。

山香のNostalgicなFLAT milkuchenの
オーナー様からのご紹介ではじまり、
約一年かけたおうちづくりも今日で一区切り。

今までとは違う今年の日々の中での家づくり。
色々と大変なこともあったと思いますが
年を重ねるごとにこの2020年は
とても印象強く記憶に残る年になるはずです。

ここからはじまる悠々自適な暮らし。
その毎日をじっくりと満喫してください。

もちろんこれからも
いっしょにつくりましょう。




2020.12.25 悠々自適なmilkuchen 二宮














家族も羨むお部屋もあり。

大分市上宗方で上棟でした。

すっかり冬空になってきましたが
朝からグッドスマイルな森ア棟梁チームと
合沢隊員が作業に取り掛かります。

日暮れ前の上棟完了予定でしたが、
流石の馬力のある森アチーム。
予定より早い上棟完了となりました。

ご家族とご両親揃っての上棟式、
四隅のお清めも皆さんで滞りなく。

四隅のお餅まきは、5人家族のため
1,25回転してのお餅まきとなりました。
女のコ2人にはちょと難しかったようですが
一応最終的には無事にキャッチ。(笑)

柱へ想いも刻んでいただきました。

基礎で見て小さく感じていたおうちは、
その不安も吹き飛ぶ大きさに。

そして子供たちが羨んだのは
これまた想像以上の広さだった
ご主人の書斎だったようです。(笑)

おうちづくりも最前線に入り、
図面も想像しやすくなったのか
これまで以上に入念になったご様子の
奥様は、合沢隊員に細かな部分の
ご要望をしっかりと伝達。

早いものでもう年末ですので
年明けからおうちづくりが
本格的にスタートする予定です。





2020.12.20 想像以上のmilkuchen 二宮






温室minikuchen。

milkuchenな暮らしにピッタリな雑誌
Come home!にも掲載されました、
豊後大野市三重町の
「みんなが遊びに来たくなるmilkuchen」のおうち。

上田デカチョウが年末のご挨拶に伺ったところ
目を疑うような(笑)クオリティーのものがお庭に。

セルフビルドのminikuchenです。
本格的な多趣味のご主人さんなので
minikuchenの中は倉庫ではなく
植物用の温室になっているとのこと。

私も青空Mの時に聞いてはおりましたのものの
予想をはるかに超えた完成度。

その仕上がり度に、今後のminikuchen工事の
依託をお願いしても良いな…。とか
考えてしまいました。(笑)

何はともあれ、
milkuchenの暮らしの楽しみを
存分に満喫されている姿が
嬉しくてたまりませんでした。






2020.12.07 温室minikuchen 二宮













盛り砂に…。

大分市猪野にて地鎮祭でした。

パパとママで、momonaちゃんを
代わる代わるお守りしながらの参列です。
ママの参拝中、手を離した隙に
盛り砂に突っ込んでいきそうな
momonaちゃんをパパが無事にセーブ。

そんな可愛いシーンもありながら
和やかに式は終了。

大畑ジィジからバトンタッチで、
ヨウチャンこと西田リーダーが本日の司会。
まだ慣れないせいか、いつもの打合せでは
新キャラ・ヨウチャンには、まったく
目線を合わせてくれないmomonaちゃん。(笑)

今日は運良く、西田Lの向けるカメラにも
しっかりと目線をいただけました。
(カメラで顔が判らなかっただけかも)

地鎮祭の後は、今後の工程の流れを確認。
ご主人さんが合沢隊員と本格的な話をする間、
奥さんはご近所さんと交流を。
新しい造成地の為、同年代のご家族やお子さんが沢山。
たまたま奥さんの知り合いママが
住んでいたということもあって
そこから輪が広がっているようでした。

年内は土地を整えながら、おうちの打合せを同時並行。
本格的な工事は年明けから始まります。





2020.12.06 milkuchenからの目線 二宮
















愛情いっぱいの上棟の日。

大分市高江にて上棟でした。

ここ数日で冷え込みも厳しくなってきましたが、
澄んだ青空の下、ツンデレ甲斐棟梁チームと
合沢隊員&後平君が作業に取り掛かります。

シンプルデザインな骨格のFLAT milkuchen。
作業効率も良かったのか、
夕方前にはひとつ向かいの道路からも
キレイな水平ラインの佇まいが
しっかりと顔を覗かせ、上棟も余裕で完了。

ご家族とそれぞれのご両親もお揃いになり
上棟式を滞りなく行うことができました。

四隅のお清めをおじいちゃんと
一緒に回ったhinanoちゃん。
お餅キャッチではママが用意してくれた
お菓子もキャッチで笑顔のはずが、
直前のお餅キャッチへの大工さんたちからの
拍手に驚いてしまったため、涙でお菓子キャッチ。(笑)

式が終わり、一足先に柱へ執筆中のhinanoちゃん。
記念の手形も押した後は、見つけたホウキで
なんとお掃除してくれました!

ご夫妻とご両親にも、もちろん
それぞれの場所で想いを刻んでいただきました。

泣いたり笑ったりで大忙しだったhinanoちゃんですが
ママのアイデアと愛情もいっぱいの上棟イベントを
満喫できたのではないでしょうか。

ようやく姿を現したmy home。
新しい暮らしへと着実に進んでゆきます。

おうちづくり最前線、徐々に加速します。






2020.12.04 愛情いっぱいのmilkuchen 二宮


<前の5件     次の5件>