株式会社アズ・コンストラクション:milkuchenミルクーヘン:暮しづくり:いっしょにつくりましょう!:住宅:大分:一級建築士事務所 : コラム

<前の5件     次の5件>












大らかに聳え立つ。

心配された雨の予報も外れ
気持ちの良い空の下、佐伯市にて上棟。

朝から羽田棟梁チームと井上総隊長が
着々と工事にかかります。

まだまだ外で働くには厳しい暑さですが
夕方前には無事棟も上がりました。

緩やかに大らかに聳え立ったおうち。
前田女将もお施主様も
「大きいなあ〜。」とその姿に感心。

ご家族とご主人の両親も揃って
上棟の式、四隅のお清め。
四隅のお餅まきも行い、
滞りなく上棟式も終わります。

もちろん柱へ想いも刻んで頂きました。

息子夫婦の後ろで静かに
「おめでとう」と書いたお父さん。

それを見たお母さん。そっとお父さんに囁きます。
「一番言いたかった事がやっと言えたなぁ。」

親子だからこそ
なかなか通じ合えない事もありますが
これから今まで以上に
家族を支えていく意気込みのご主人さん。

rentoくんが健やかに何の心配もなく
すごせるようにこれから暮らしを
築いていかねばなりません。

じっくりと着実に。
ここからも一緒につくっていきましょう。






2018.09.02 大らかなmilkuchen 二宮













時すでに遅し。

別府市山の手町のおうち、
しっくい塗り体験でした。

塗る場所がダイニングのため
下の方の壁に控えめに…。

意外にうまいmeiちゃん。
合沢隊員のお手伝いもありますが、
上から下へと器用に塗っていきます。

思わず駆け寄って
「うまい!」とrikuくん。

(ぼとぼと床に落としながら)
「しっくい大量消費してますー。」
と心配しつつ、着々と塗り進める奥さん。

ご主人さんは大胆な粗目の仕上がり。
大畑マネの辛口コメントと
AT安東Lのフォローを気にしてか
早々に退散…。かと思ったら、
お守りの傍らネット学習してきたと
後半に再び姿を現します。

しかしながら、時すでに遅し。
作業はママとmeiちゃんとで
すっかり終わっていたのでした。。。

最後は記念に
家族みんなで手形をペタリ。

終始眠そうだったrikuくん、
ここから楽しいスイッチが入りかけます!
せっかく塗ったしっくいを
グチャグチャにされてしまいそうなので
慌てて本日の体験終了。

体験の後は、家具の寸法を再確認して
次回の家具づくりに備えます。

おうちづくり最前線、ピークです!






2018.09.01 ネットで学んでmilkuchen 二宮


早く、この景色を。

別府市スパランド豊海にて上棟。

お施主様は遠方の為、お父様が
代わりにその姿を見届けて下さいました。

敷地に5m近く高低差がありますが
シブ男の山村棟梁チーム&エース宇高選手。
残暑の中ですが、作業も順調に進み
早い時間で上棟完了。

2Fからの景色も想像以上に羨ましい
オーシャンビューな視界でした。

来月帰省される奥様にも
早くこの景色にその目で
見て頂きたいところです。

お施主様のこれまでの努力が
少しずつかたちになっていきます。

ここからもじっくりと
一緒につくっていきます。






2018.08.30 milkuchenでJyoutou 二宮


量らずとも笑顔に。

由布市挾間のおうち、本日お引渡しでした。

朝一番での式となりましたが、
久々のご主人さん、時間より早くバイクで到着です。
ほどなく奥様もご到着で無事お引渡しできました。

2年半前くらいのHPへのお問合せから
その御縁が始まり、
1年半前頃から本格的なお打合せがスタート。

順調にプランも決まり、詳細打合せに入った頃から
奥様の思考エンジンが急加速。
その加速度に反比例してご主人さんのご要望は…
そして徐々にお打合せも奥様に任せっきりに…。

もともと共働きで業種も違うため、
休みの日もなかなか合わなかったこともあり
奥様メインでの詳細打合せとなりましたが
出来上がったおうちは当初ご主人の希望していた
すっきりオシャレなおうちに完成。(笑)

今日から早速お引越し。

暫くは慌ただしく環境の変化する
日々が続いていくと思いますが
2人目のお子さんも産まれて
落着いてきたら、じっくりと
家族4人で笑顔になれる暮らしを
ゆっくり築いて下さい。


これからも一緒につくっていきましょう。








2018.08.27 量らずともmilkuchen 二宮





ちなみに珈琲の曲と言えば、
Bob Dylan / One More Cup Of Coffee とか。

珈琲を離れて。

珈琲に関するネット記事や健康番組を見るたびに
結局一日に何杯飲んだら健康なのか不健康なのか
まったく判らなくなります。

重度の珈琲愛飲家の二宮ですが
年齢とともに、なんだか歯の色も
珈琲に近くなってきている気がするので
ホワイトニングした方がよいのかとか
最近不毛に悩みます。

ところが自宅の珈琲豆が底をつき、
至福の朝の一杯がないここ数日。
これを逆手にカフェインレス期間を
試みている今日この頃です。
(といっても、2杯までOK。という自分ルール。)

それで…体内環境の変化の方ですが
始めこそ禁断症状的な欲求がありましたが
治まってくると、心なしか
口周りを基点に体が軽く爽快な気がして、
珈琲が重たい飲み物の部類に入ることを
否応なく思い知らされます。

代わりに飲む紅茶や日本茶に純度の高い
香味や爽快さをこれまで以上に感じます。
でもたぶんそこにまた慣れてきた頃、
久々の珈琲を口にすると
やっぱりこの香り。とCMの様に思います。

好きだからこそ、
離れて気が付く事もまた多い筈です。

と、なんか旨い具合に文章も纏りました。





2018.08.26 カフェインゼロのmilkuchen 二宮


<前の5件     次の5件>